シェアする

外科

Surgery

副院長 主任部長

藤川 貴久

Profile

  • 日本外科学会 指導医 専門医 認定医
  • 日本消化器外科学会 指導医 専門医
  • 消化器がん外科治療認定医
  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 指導医 がん薬物療法専門医
  • 日本癌治療認定医機構 暫定教育医 認定医
  • 臨床研修指導医
  • アメリカ外科学会正会員(F.A.C.S.)
  • ロボット手術(ダビンチ)術者資格取得医
  • ロボット支援肝切除術(肝亜域切除以上)プロクター認定
  • 医学博士

専門分野

肝胆膵領域のがん(肝臓がん・膵臓がん・胆道がん)・消化器がん(胃がん・大腸がん)の外科治療、一般外科領域(胆石症・ヘルニアなど)の手術を中心に日々の診療に従事しています。特にがんの外科治療では、難易度の高い肝臓がん・膵臓がん・胆道がんの外科手術を得意分野としており、同疾患の手術症例数も年間70例を超え、外科治療の地域中核病院として地域医療の一翼を担っております。また、消化器がんだけでなく肝胆膵領域のがんについても病気の状況に応じ低侵襲な腹腔鏡手術(腹腔鏡下肝切除、腹腔鏡下膵体尾部切除など)も手掛けています。

患者さんへのメッセージ

「仏心鬼手」、「やさしい心」を強く持ちつつ日々の手術に臨むよう心掛けています。当院では重症の心臓疾患・脳血管障害等を有し他施設では治療が困難ながん患者さんの外科治療も積極的に相談に乗るようにしております。患者さんひとりひとりの病状にあった最善の治療方法をわかりやすく説明いたします。お気軽にご相談ください。

部長

佐伯 俊宏

Profile

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 認定医
  • 日本乳癌学会
  • 日本乳癌検診学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • マンモグラフィー検診精度管理中央委員会認定読影資格
  • 臨床研修 指導医
  • 医学博士

専門分野

乳腺疾患(乳腺炎、乳腺症、線維腺腫などの良性疾患、乳がん)、一般外科(胆石症、鼠径ヘルニアなど)の診療を担当します。

患者さんへのメッセージ

患者さんとご家族に寄り添った診療と早期に社会復帰されるような治療を心掛けています。乳がんにおいては、早期発見し、乳房を守る、自分を守ることが大切です。とくに、乳房のしこりに気づいたら、早めの受診をお勧めします。乳がん検診と精密検査を行い、診断し、乳癌診療ガイドラインに基づき、病期に応じた治療方針を立て、治療(術前化学療法、手術、ホルモン療法、術後化学療法、放射線療法、緩和ケアなど)を進めていくよう、万全を期して行います。

部長

河村 祐一郎

Profile

  • 日本外科学会 専門医 指導医
  • 日本消化器外科学会 指導医 専門医 認定医
  • 消化器がん外科治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医 評議員
  • 日本食道学会 食道科認定医
  • 日本胃癌学会
  • ロボット手術術者資格取得医
  • 医学博士

専門分野

消化管外科疾患の手術、化学療法を専門としています。特に上部消化管領域(食道、胃)の鏡視下手術(腹腔鏡、胸腔鏡による手術)が得意分野です。鏡視下手術というと早期癌限定のイメージがありますが、進行癌への集学的治療(化学療法や放射線、など複数の治療の組み合わせ)にも鏡視下手術を取り入れています。悪性疾患以外では、GISTや良性腫瘍、食道アカラシア、食道裂孔、鼠径ヘルニアなどに対する鏡視下手術も得意分野です。

患者さんへのメッセージ

自分自身あるいは自分の家族が受けたいと思えるような治療、医療を提供したいと考えています。治療方針の選択にあたっては、治療対象の病状が最も重要ですが、他の身体的状況(持病など)、社会的状況なども重要です。よって治療の選択については、ご本人のご意向を尊重していますが、病気についての専門的知識がなければ適切な選択は困難です。このため病状、治療方法についての説明は、正確さと共に出来る限り分りやすいことに重点を置いています。

部長

永田 好香

Profile

  • 日本外科学会 専門医 指導医
  • 日本乳癌学会 専門医 指導医
  • 日本癌治療認定医機構 暫定教育医 認定医
  • 日本温泉気候物理医学会 温泉療法医
  • 日本乳癌検診学会
  • 日本癌学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本クリニカルパス学会
  • マンモグラフィー検診精度管理中央委員会認定読影資格
  • 乳がん検診超音波検査実施医
  • 日本医師会認定産業医
  • 臨床研修 指導医
  • 医学博士

専門分野

外科診療のなかでも乳腺疾患全般、とくに乳癌の診療(診断、手術、薬物療法など)を担当します。乳がんには幾つかの性質によりサブタイプとしてクループに分けられており、適切に診断・評価して、オーダーメイドの治療を行うことが必要です。当院では各診療科・多職種で検討し、個々の 乳がん患者さんに合った(個別化)治療を行います。

患者さんへのメッセージ

ライフスタイルの変化に伴い乳がんにかかる方は年々増加傾向です。乳がんの診断や治療は複雑ですが、主治医だけではなくチーム医療で対応することで、病気を理解し受け容れ、立ち向かうお手伝いができれば幸いです。男女問わず気軽に相談できる診療をこころがけています。

部長

山名 一平

Profile

  • 日本外科学会 指導医 専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医 専門医
  • 日本気管食道学会 専門医
  • 日本食道学会 認定医
  • 日本腹部救急医学会 認定医 教育医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • 日本外科感染症学会 ICD
  • 日本消化器病学会 専門医
  • ロボット手術術者資格取得医
  • 日本臨床外科学会
  • 医学博士

専門分野

私はこれまで胆嚢炎、虫垂炎、鼠経ヘルニアなどの一般外科に加えて、食道癌、胃癌、大腸癌の手術や化学療法を含めた集学的治療を行ってまいりました。特に、消化管癌に対する腹腔鏡手術に対し研鑽を積んでまいりました。癌に対しては近年、化学療法・放射線療法を含めた集学的治療を行う機会が増えてきています。患者様のニーズに合わせた満足のいく医療を提供できるよう全力で取り組んでまいります。

患者さんへのメッセージ

癌を告知されることはとてもつらいことです。わかりやすい言葉で説明すること、ていねいで出血が少ない手術をすること、そして人間味ある診療をすることを心がけています。大腸癌がみつかったら、すみやかに検査を行い、病気の拡がりを正しく把握することが大事です。私たちは、病気だけをみて治療法を決めることはありません。患者さんの日々の生活を想像しながら、治療の選択肢を提示します。「いつもの暮らしに、いつものあなた」のもと、ていねいな手術治療をこころがけます。

副部長

長田 圭司

Profile

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本救急医学会 専門医
  • 日本集中治療医学会 専門医

専門分野

消化器領域の悪性疾患(胃癌・大腸癌など)の手術や抗癌剤治療、胆石症・ヘルニアなどの一般外科領域や急性腹症の手術を中心に診療に従事してきました。悪性疾患に関しては、手術前の抗癌剤治療を含めた集学的治療を行っています。当院では、心疾患や脳血管疾患等の動脈硬化性疾患を有する患者さんが集まっています。集中治療医学の経験もあり、術前評価から術後管理まで綿密な周術期管理を行っています。

患者さんへのメッセージ

医学は日進月歩に目覚ましく発展しています。患者様には最新の情報に基づき、一人一人にあった最善の医療を提供できるよう尽力いたします。ご病気や治療法に関する説明はできる限りわかりやすく、十分に理解していただけるように心掛けています。しかし、医療は高度化し、不安なこと、分からないことが多々あるかと思います。いつでも気軽にご相談下さい。患者様に寄り添い、やさしい心で接するよう心掛けています。

副部長

松岡 泰祐

Profile

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 専門医
  • 日本内視鏡外科学会

専門分野

腹部の救急疾患や鼠経ヘルニア、虫垂炎、胆嚢炎などの一般外科での手術を幅広く行ってきました。また、胃癌や大腸癌などの消化管の悪性疾患に対する腹腔鏡下手術に対して研鑽を積んできました。悪性疾患は手術に加えて化学療法や放射線治療を組み合わせる集学的治療が必要になります。患者さん、おひとりおひとりを見ながら適切な治療をしていきたいと考えています。

患者さんへのメッセージ

近年、医療の進歩により分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤など新しい薬剤が開発されています。以前より治療効果が改善し、治療内容の選択肢が増えています。一方で、医療がより複雑になり、薬剤や治療法を理解することが困難になっています。患者様、一人一人と真摯に向き合い、エビデンスのある治療法を納得して受けていただくために分かりやすい説明を行える様に心がけていきます。少しでも疑問や心配事があれば何でも相談してください。

副部長

田中 敬太

Profile

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 専門医 消化器がん外科治療認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本食道学会 食道科認定医
  • 日本腹部救急医学会 腹部救急認定医
  • 日本消化管学会 胃腸科認定医
  • ロボット手術術者資格取得医
  • 医学博士
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本胃癌学会
  • 日本ロボット外科学会
  • 日本消化器病学会

専門分野

消化器外科領域における食道癌、胃癌、大腸癌などの悪性腫瘍、消化管穿孔や胆嚢炎、虫垂炎といった腹部救急疾患、ヘルニアに対する手術治療を専門としています。手術については特に低侵襲治療に研鑽を積んで参りました。また、悪性腫瘍に対しては化学療法や放射線治療などの集学的治療も行っています。

患者さんへのメッセージ

患者さんのために、「何ができるか」、「何がベストか」を考えながら日々診療しています。大学病院や関連施設、国内留学にてロボット手術や腹腔鏡手術といった低侵襲手術に研鑽を積んで参りました。当院の特徴として心臓血管系などに重い病気を抱えている方が多くいらっしゃいますが、重病を抱える方にも最適な医療を提供できるよう尽力致します。また、近年は医療の発展により治療の選択肢が広がった一方、患者さんにとっては複雑化し疑問に思うことも多々あると思います。丁寧な分かりやすい説明を心がけておりますので、お気軽にご相談下さい。

副部長

渡邉 利史

Profile

  • 日本外科学会 専門医 指導医
  • 日本消化器外科学会 認定医 専門医 指導医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医(大腸)
  • 日本ロボット外科学会 Robo-Doc Pilot国内B級認定

専門分野

消化器領域のなかで、特に下部消化管(大腸)のがんに対する手術や抗がん剤治療などを専門として診療しています。手術と言えばお腹を開く『開腹手術』がイメージしやすいと思いますが、近年ではお腹に穴をあけて器具を差し込みその器具を手元で操って手術をする『腹腔鏡手術』や『ロボット手術』が主体となってきており、当院ではいずれの方法でも手術を行うことができます。がんの進行度や患者さんの身体の状態に合わせた最適な手術方法を提供しています。

患者さんへのメッセージ

現在、がんなどの悪性腫瘍は手術単独では治療が完結せず、手術の前や後に抗がん剤治療、放射線治療を組み合わせることが増えてきており、治療方法がかなり複雑になっています。同じ『大腸がん』という病気であっても全く異なる治療法が選択されることもあり、ご家族の体験談さえ参考にできないことも少なくはありません。患者さんご自身の希望も配慮した最も良い治療を導き出すためにできることを精一杯取り組みますので、遠慮せず相談してください。

渡邉利史

  • 副部長
  • 日本外科学会 専門医 指導医
  • 日本消化器外科学会 認定医 専門医 指導医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医(大腸)
  • 日本ロボット外科学会 Robo-Doc Pilot国内B級認定

上本 裕介

  • 副部長
  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会
  • 日本肝胆膵外科学会

清家 裕貴

  • 日本外科学会
  • 日本臨床外科学会

原田 渓

  • 日本外科学会
受付時間 (診察開始8:30〜)
新患/8:10〜11:00 再来/8:10〜11:30
*詳しくは各診療科案内の外来医師担当表をご確認ください。
休診日
土・日曜日、祝日、年末年始

〒802-8555
福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目2-1

093-511-2000(代表)