シェアする

もどる

リードレスペースメーカー

治療実績

521

(2021.12.31現在)

リードレスペースメーカー

世界最小サイズのカプセル型リードレスペースメーカを導入

不整脈について

心臓は一定のリズムで収縮と拡張を繰り返し、1日10万回拍動して全身に血液を送り続けています。このポンプが休んでしまったり、一次的に止まってしまうと、「めまい」や「失神」「心不全」が起こってしまいます。 この病気(洞不全症候群、房室ブロック)が起こってしまったときの治療がペースメーカです。ペースメーカが必要になるおもな不整脈は、脈が遅い方です。長い間(5秒前後以上)心臓が止まったりすると、ふらつき、失神、息切れなどが起こります。
ペースメーカは心臓に異常が発生すると、心臓の状態に応じてどのような治療をすべきかを判断し、必要ならば電気パルスを心臓へ送り、心臓を刺激します。これまでのペースメーカは、鎖骨の下を4cm程度切開し、本体が入る皮下ポケットを作成します。リード線を右心室と右心房に挿入し、リード線と本体を接続していました。

リードレスペースメーカとは?

リードレスペースメーカは、カプセル型で本体を皮下に植え込むのではなく、カテーテルを用いて心臓内に送り込み、小さなフックで直接心壁に取り付けられ、先端の電極を通じて電気刺激を送りペーシングを行います。従来のペースメーカは、外科手術で皮下ポケットを設けて装置を植え込み、静脈を通して、リードを心臓内に留置する必要があります。リードレスペースメーカは、このような皮下ポケットもリードも不要なため、それらに関連した合併症のおそれがありません。また、外科手術による胸部の傷もなく、外からは装置のふくらみもないため、装置を意識することなく生活できます。

リードレスペースメーカー治療

最新のリードレスペースメーカーについて

リードレスペースメーカ実施医2名在籍

診療部長 主任部長 安藤 献児

  • ・日本内科学会 認定医 総合内科専門医 指導医
  • ・日本循環器学会 専門医
  • ・日本心血管インターベンション治療学会 専門医
  • ・植え込み型除細動器・ペーシングによる心不全治療 登録医
  • ・日本不整脈心電学会 専門医
  • ・日本心臓リハビリテーション学会
  • ・外国人医師臨床修練指導医
  • ・日本心不全学会
  • ・日本高血圧学会
  • ・日本心臓病学会
  • ・京都大学臨床教授

副部長 永島 道雄

  • ・日本内科学会 専門医 認定医
  • ・日本循環器学会 専門医
  • ・日本心血管インターベンション治療学会 認定医
  • ・日本不整脈心電学会 専門医
  • ・植え込み型除細動器・ペーシングによる心不全治療 登録医
  • ・経皮的リード抜去術者認定
受付時間 (診察開始8:30〜)
新患/8:10〜11:00 再来/8:10〜11:30
*詳しくは各診療科案内の外来医師担当表をご確認ください。
休診日
土・日曜日、祝日、年末年始

〒802-8555
福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目2-1

093-511-2000(代表)