シェアする

病院情報の公表

Statistics

当院は「医療法における病院等の広告規制」を遵守しています。

「医療法における病院等の広告規制について」

2018年度

手術件数

6,301 件/年

救急車搬入数

4,840 人/年

平均在院日数

10.6 日/年

一般紹介率

107.3%

地域連携紹介率

86.7%

地域連携逆紹介率

256.9%

外来患者数

192,774 人/年

新入院患者数

18,867 人/年

紹介患者数

10,273 人/年

救急患者数(時間内の救急患者を含まない)

9,089 人/年

DPCデータを用いた病院指標

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、市民の皆さんに情報公開を進めています。
この指標によって、当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的としています。
現在公開している病院指標は、平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータを集計の対象としています。
ただし、労災保険・自費等の患者さんのデータは含まれません。

年齢階級別退院患者数

退院患者さんの人数を 10 歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院日の満年齢となります。

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 58 155 319 829 1682 4070 6265 4437 719
当院は機能別救急医療体制の中で、循環器疾患・脳神経疾患を軸にして急性期医療を進めています。そのため血管病変が起きやすい60 歳以上の患者割合が多く、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。地域医療支援病院として地域の病院や診療所の先生方との連携を円滑に行えるよう、地域の基幹病院として継続性のある適切な医療、更には高度医療を提供し、患者さんに一日も早い社会復帰を支援しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

DPC とは入院患者さんの病気と治療方法(手術や処置など)によって診断群 に分類することです。以下には診療科ごとに患者数上位 3 つを掲載しています。

ファイルをダウンロード

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心カテあり 2029 2.37 3.01 0.6% 71.8
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 PCI 心カテ,心カテ+血管内超音波検査等ありなし 1234 4.86 4.47 1.2% 71.8
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 1147 5.07 5.15 1.0% 64.4
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心カテ+血管内超音波検査等あり 541 2.46 3.15 0.4% 72.2
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 四肢の血管拡張術・血栓除去術等 心カテありなし 339 4.42 5.50 6.8% 75.4
当院循環器内科は、1982年、延吉正清名誉院長が心臓の血管である冠動脈に対して日本初の経皮的冠動脈形成術(PCI)に成功し、その後も多くの治療実績を積み重ねてきました。そのため、狭心症などの虚血性心疾患の検査や治療の症例が上位にきています。3位には不整脈に対するカテーテルアブレーション治療が入っています。また、当院では心臓のみならず大動脈及び全身の血管病に対してもインターベンション(血管内治療)を施行しており、この領域では心臓血管外科、血管外科、脳神経外科、腎臓内科と連携した”全身の血管治療”を実現しています。2017年度は第5位に閉塞性動脈硬化症などの治療が入っており、これは末梢の動脈硬化などに対するカテーテル治療が主になります。上記以外にも、不整脈に対するペースメーカー・植え込み型徐細動器、心不全に対する両室ペースメーカー留置、構造的心疾患に対するカテーテル治療といったいずれの治療においても多くの治療実績を積み重ねています。

循環器内科へ

心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 弁置換術、弁形成術等 中心静脈注射等あり 136 19.21 24.00 10.3% 69.9
050163xx01x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む)弓部大動脈等 中心静脈注射等あり 92 22.52 28.31 25.0% 70.9
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 冠動脈,大動脈バイパス移植術等 中心静脈注射等あり 83 18.06 22.91 20.5% 68.1
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術(大動脈瘤切除術等) 中心静脈注射等あり 76 23.70 28.37 31.6% 67.6
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 中心静脈注射等あり 48 12.88 16.06 18.8% 79.0
当科は、1973年(昭和48年)の心臓血管外科開設以来、国内有数の症例数を有する施設として順調に発展してまいりました。2016年の心臓・大血管手術症例は643例と、多くの治療実績を積み重ねています。DPCのデータでみると、大動脈弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症などの治療である、心臓の弁の手術症例が一番多くなっています。次に狭心症などのバイパス手術症例が多く、後は胸部や腹部の動脈瘤の手術症例と続いています。2008年秋から大動脈瘤に対するステントグラフト治療や、2013年10月から重症大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)といった患者さんの負担が少ない治療も積極的に行っています。

心臓血管外科へ

血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 82 3.15 2.85 0.0% 66.6
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤,腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 45 10.96 12.01 2.2% 75.1
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 中心静脈注射等あり 18 14.06 16.06 16.7% 76.4
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 四肢の血管拡張術・血栓除去術等 心カテありなし 15 15.40 5.50 20.0% 77.7
050163xx02x10x 非破裂性大動脈瘤,腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 心カテあり 14 19.86 20.61 7.1% 71.9
血管外科では、腹部および四肢における動脈疾患および静脈疾患に対する診療を行っています。静脈疾患では、下肢静脈瘤に対するレーザー治療などの最新の治療や、従来からのストリッピング手術など、個々の患者さんの状態に合わせた最適な治療法を選択しています。腹部大動脈瘤の治療においては、ステントグラフト内挿術(腹部を切らずに治療する方法)をいち早く導入しています。下肢の閉塞性動脈硬化症に対する治療では、日本有数の血行再建(下肢動脈バイパス術)症例数があり、経験豊富な医師が診療にあたっています。近年血管内治療(カテーテル治療)が急速に進歩しており、これを主に行っている循環器内科と密に連携を図り、患者さんにとって最適な治療方針を決定しています。

血管外科へ

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 動脈造影カテーテル法あり 365 3.14 3.02 0.3% 62.3
010070xx9912xx 脳血管障害 手術なし 動脈造影カテーテル法あり SPECT等あり 145 3.06 5.32 0.7% 68.4
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 111 7.97 9.58 1.8% 62.8
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 72 15.00 18.72 56.9% 67.1
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等あり 71 6.34 9.69 18.3% 77.5
当院の脳神経外科は九州で最も早く1966年に開設され、脳神経疾患の外科的治療全般にわたって豊富な診療実績を積み重ねてきました。未破裂脳動脈瘤や脳卒中などの疾患を主に扱っています。直達手術は最新鋭の設備を備えた専用手術室を擁し、国内有数の治療実績を誇る脳血管内治療は、市内唯一の学会認定研修施設であり、最新設備の脳血管内治療ユニットで最先端の治療ができる体制を整えています。日本脳神経外科学会専門医 指導医、日本脳卒中学会専門医、日本脳卒中の外科学会指導医、日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医、日本神経内視鏡学会技術認定医など、専門医は数・質ともに充実しています。 脳卒中センターでは、ストロークケアユニット(SCU)を中心に、脳神経内科と連携しながらチーム医療を行っており、北九州市機能別救急医療体制における脳神経外科応需施設として24時間、365日常に緊急手術、緊急治療への対応が可能です。

脳神経外科へ

脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 脳血管疾患等リハビリあり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 21 13.71 16.16 23.8% 72.5
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー ガンマグロブリンあり 13 18.85 16.16 30.8% 56.3
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 11 17.09 18.72 63.6% 68.5
010090xxxxx00x 多発性硬化症 人工呼吸等なし 11 13.27 14.49 18.2% 43.2
010230xx99x00x てんかん 手術なし - - 7.28 - -
脳神経内科が診る病気は脳梗塞などの脳血管障害で、特に脳梗塞などは、できるだけ早く専門病院に到着することが大切です。「γt‐PAガイドライン」では、患者さんが病院に搬送されてから1時間以内のγt‐PA投与が推奨されていますが、当院では搬送されてから30分以内の治療開始を目標に掲げた【γt‐PAスクランブル体制】を整えています。

脳神経内科へ

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし ベバシズマブ等あり 93 3.45 4.33 0.0% 61.8
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし ベバシズマブあり 79 3.03 4.41 1.3% 66.9
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 66 6.48 4.96 1.5% 73.5
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 59 6.81 7.30 5.1% 67.3
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 58 6.52 6.52 0.0% 66.4
「消化管」、「肝胆膵」、「乳腺」の各種がん、良性疾患に対する診断・治療を3つの柱に、専門性の高い外科治療を行っています。低侵襲で生活予後も考慮した外科治療を推進し、高齢の患者さんや心疾患など合併する全身疾患に応じた治療法を選択しています。標準的治療ガイドラインに基づき安全な医療を目指すとともに、難治性の進行癌については抗がん剤治療、放射線治療を組み合わせた集学的治療にも積極的に取り組んでいます。

外科へ

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり(胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術等) 45 11.93 11.87 2.2% 69.0
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 化学療法ありかつ放射線療法なし 23 10.17 10.00 0.0% 68.5
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 10 16.80 14.58 20.0% 76.2
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし カルボプラチン+パクリタキセル等あり - - 19.34 - -
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 - - 9.29 - -
呼吸器外科の主な対象疾患は肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、気胸の治療を行っており、手術のほぼ全例に胸腔鏡を利用し低侵襲化をはかっています。麻酔科の協力により狭心症などの併存症を持つ患者さんの治療に積極的に取り組み、肺がんに関しては診断・治療・抗がん剤治療・分子標的治療・放射線治療・緩和ケア、その全てに対応しています。外科的治療法としては、胸腔鏡下(VATS:Video-assisted thoracic surgery)肺葉切除術を主に行っており、当科の胸腔鏡手術はポート孔からのみ行う完全胸腔鏡手術です。また、肺がんの進行度と患者さんの年齢、併存症、体力等を考慮して、部分切除や区域切除等の縮小手術から、周囲組織・臓器の合併切除を行う拡大手術まで患者さんの最善最良となる手術を幅広く行っています。治療の安全性と根治性と低侵襲性を日々追及しています。

呼吸器外科へ

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 EST等 137 9.33 10.08 5.1% 73.7
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸・粘膜下層剥離術 73 9.10 8.52 0.0% 74.5
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍,胃憩室症,幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 上部消化管止血術等あり 64 8.56 10.58 3.1% 70.6
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 64 3.95 2.67 0.0% 70.9
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病(頻脈性不整脈等)あり 61 4.36 3.94 3.3% 74.6
消化器内科では治療内視鏡を積極的に行っており、その中でも生命予後に重大な影響がある消化管出血に対する内視鏡的止血術や、早期胃がんや早期食道がん、早期大腸がんに対する内視鏡的粘膜下剥離術や内視鏡的粘膜切除術、総胆管結石に対する内視鏡治療、閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆道ステント留置などを積極的に施行しています。また、超音波内視鏡ガイド下穿刺術(EUS-FNA)も2012年より専用機を常備し積極的に行っています。肝臓疾患に対しては、B型およびC型慢性肝炎の抗ウィルス療法と、肝細胞がんに対する肝動脈化学塞栓術、経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)等を中心に施行しています。手術や抗がん剤による治療が必要な消化器疾患に関しては、合同カンファレンス等で外科医や関連科の医師と密に連絡をとりながら、患者さんにとって最善の治療法を提示し、実施しています。

消化器内科へ

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 105 11.33 8.75 11.4% 73.5
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 経皮的針生検法 66 4.85 7.18 0.0% 56.6
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 55 8.29 12.05 7.3% 63.3
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 人工腎臓(その他の場合)あり 42 15.36 14.21 11.9% 71.4
110280xx01x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術  40 7.63 8.26 2.5% 68.7
腎臓病の早期発見・早期診断・早期治療を心がけ、専門的に確定診断し、適切な治療を提供し進行を防ぐこと、そして、腎機能に応じて、腹膜透析PD・血液透析HD・腎移植(九州大学腎移植チームと連携)といった治療の選択肢を提示でき、患者さんのライフスタイルに合わせた治療法を提供しています。慢性腎臓病は、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患や脳卒中、そして閉塞性動脈硬化症など全身血管病の共通の危険因子としてその予防や適切な治療が急務となっている領域でもありますので、腎臓病の治療の第一は全身管理と考え、循環器内科、心臓血管外科、脳神経外科、血管外科など各診療科と協力しながら診療を行っています。腎代替療法に関して当科では、透析が必要となった際に、腹膜透析PDからの開始を勧める「PDファースト」ポリシーを掲げています。当科では、2008年よりこの方針を取り、透析導入患者の40‐50%は腹膜透析PDを選択され、外来腹膜透析PDを行っています。

腎臓内科へ

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 化学療法あり 96 7.85 7.40 0.0% 73.4
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 49 3.96 2.53 0.0% 69.5
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 34 7.21 5.62 0.0% 62.6
110200xx99xxxx 前立腺肥大症等 手術なし 32 2.00 6.40 0.0% 70.5
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 26 7.38 8.65 0.0% 71.9
当科は泌尿器科がんの治療、結石治療の他に透析治療、腎臓移植腎疾患の診断治療に対応しています。手術の低侵襲性を追求し、負担の少ない腹腔鏡下手術・内視鏡外科手術を駆使して、患者さんに優しく満足していただける医療の両立を目指しています。また、当科では、主要泌尿器科がん(腎臓がん・腎う尿管がん・膀胱がん・前立腺がん)の全てに対し、腹腔鏡下手術(腎摘除術・腎部分切除術・腎尿管全摘術・膀胱全摘術・前立腺全摘術)で対応可能です。 泌尿器科疾患は新しい治療法や検査、治療薬の登場によって診断も治療も良くなっています。地域の中核病院として治療の困難な疾患、高リスク症例などに対する手術・治療も積極的に行い、患者さんとの信頼に根ざした最新の医療をめざして日々努力しています。

泌尿器科へ

耳鼻咽喉科・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 36 8.58 8.29 0.0% 53.9
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 21 8.00 7.04 0.0% 54.9
030300xx01xxxx 声帯の疾患(その他) 喉頭・声帯ポリープ切除術等 18 3.56 4.84 0.0% 66.6
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり(耳下腺腫瘍摘出術(浅葉)等) 16 8.31 7.37 0.0% 66.0
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎 口蓋扁桃手術(摘出)あり 16 7.56 8.66 0.0% 26.9
耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域全域の疾患(人工内耳を除く)に対して、高度な医療を提供しています。頭蓋底から縦隔までの外科的治療を要する疾患に対して、最先端技術(NBI内視鏡、耳鼻科専用ナビゲーションシステムなど)を駆使し、診断および治療を行っています。高齢者や抗血栓療法を中断できない方の手術の頻度が高く、麻酔科、循環器内科の厳しい管理と、精度の高い手術手技が要求されます。当科の手術は、必要最小限度の侵襲で余計な剥離や無意味な血管結紮を行わないよう心がけております。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科へ

婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮筋腫摘出術(核出)術複式等 26 8.77 9.87 0.0% 46.0
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 15 5.93 6.28 0.0% 43.6
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 12 10.75 12.58 0.0% 64.9
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部異形成上皮又は上皮内癌レーザー照射治療等 12 4.00 3.20 0.0% 39.4
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 - - 7.54 - -
子宮、卵巣、腟など女性特有臓器の疾患を日本産科婦人科学会認定専門医が、入院、外来診療にあたっております。また、透析患者さん、心臓病、糖尿病など種々の合併症をお持ちの方でも状況に応じて婦人科治療を受けることができます。

婦人科へ

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障,水晶体の疾患 手術あり 両眼 289 6.69 5.39 0.7% 75.8
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 110 4.15 2.84 0.0% 71.6
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり(硝子体茎顕微鏡下離断術、網膜光凝固術等) 水晶体再建術あり 92 10.36 7.05 0.0% 71.3
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり(緑内障手術、硝子体茎顕微鏡下離断術等) 片眼 75 10.51 8.00 0.0% 71.9
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり(硝子体茎顕微鏡下離断術、網膜復位術等) 片眼 62 9.13 7.52 3.2% 61.3
当科で主に扱っているのは、硝子体疾患で、網膜剝離・糖尿病性網膜症などの増殖性疾患、網膜前膜・黄斑円孔などの黄斑疾患、硝子体出血や水晶体落下などのその他各疾患に対応しています。緑内障は緑内障関連の診察や検査を行った上で、患者さん一人一人について治療方針を丁寧に決定していきます。緑内障といっても数多くの種類があり、それぞれの種類によって治療方法が全く異なります。緑内障以外の病気でないかも含めて、どのタイプの緑内障であるかという確定診断に特に力を入れています。眼圧測定はもちろんのこと、ハンフリー自動視野計やゴールドマン視野計にて定期的に視野を計測したり、光干渉断層計によって視神経乳頭の形状解析や網膜神経線維層厚の評価をしたりします。緑内障の進行をできる限り止めることができるように、薬物療法あるいは手術療法の最善なものを選択していきます。緑内障手術はトラベクロトミー、トラベクレクトミー、EXPRESSやバルベルトなどのインプラントなど各種対応しています。白内障(平成29年度までは「短期滞在手術等基本料3」等の対象のため、上記データには反映されていません。)の手術では、小切開超音波乳化吸引術を行います。アクリル眼内レンズを専用のインジェクターを用いて挿入することで、低侵襲の2.4mm小切開で施行しています。全症例において、手術中の角膜内皮障害を最小限に抑えられるよう目に優しい手術を心がけています。ご希望の方には多焦点眼内レンズも取り扱っています。入院手術、日帰り通院手術のどちらにも対応しています。

眼科へ

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 骨折観血的手術(大腿)等 41 29.88 26.30 87.8% 81.8
160760xx97xxxx 前腕の骨折 骨折観血的手術(前腕)等あり 10 14.50 5.68 20.0% 69.3
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし - - 19.61 - -
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 - - 24.26 - -
160610xx97xxxx 四肢筋腱損傷 アキレス腱断裂手術等あり - - 9.49 - -
高齢者に多い骨折(大腿骨近位部骨折・橈骨遠位端骨折等)や変形性関節症(股関節・膝関節)の治療に重点を置き、最新のインプラントや手術手技を随時取り入れるようにしています。心疾患・糖尿病・腎不全・脳梗塞など複数の合併症を持った患者さんが多くなっていますので、他科と連携して安全に手術を行い、早期離床及びリハビリテーションが行えるように努力しています。

整形外科へ

麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 25 22.40 20.92 60.0% 85.3
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 15 19.87 12.58 33.3% 83.4
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし - - 19.61 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.10 - -
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群 トロンボモデュリンアルファあり - - 28.51 - -
麻酔科での入院は、救急受診で入院となった患者さんです。そのため、高齢の方の肺炎や尿路感染症等が多くなっています。

麻酔科・集中治療部へ

血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし リツキシマブあり 61 16.74 16.17 6.6% 69.3
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし アザシチジンあり 55 9.42 10.62 0.0% 74.8
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし ベンダムスチン等あり 36 15.81 13.75 0.0% 68.3
130010xx97x2xx 急性白血病 輸血等 化学療法あり 23 52.65 40.13 0.0% 50.7
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫,免疫系悪性新生物 手術なし ボルテゾミブ等あり 22 26.05 23.43 18.2% 69.9
北九州市および下関、大分など周辺の地域を医療圏として、造血器悪性疾患に対する化学療法、放射線療法、分子標的療法、造血幹細胞移植療法(自家および同種)、および放射免疫療法から、貧血、血小板減少、出血傾向などの一般的な血液疾患の診療まで幅広く診療を行っています。特に、造血幹細胞移植については、当院で早期に導入しています。

血液内科へ

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 化学療法ありかつ放射線療法なし 24 10.79 10.00 0.0% 71.0
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 人工呼吸等なし 21 26.81 19.06 23.8% 78.0
040040xx99090x 肺の悪性腫瘍 手術なし ニボルマブ等あり - - 10.32 - -
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし - - 14.58 - -
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし カルボプラチン+パクリタキセル等あり - - 19.34 - -
呼吸器感染症、肺がん、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、呼吸不全など他科との協力による、より良い呼吸器疾患の診療を目指しています。各種疾患の適切な診断のため、病理科と協力した気管支鏡を用いた検査、胸膜炎の診断のための胸腔穿刺・ドレーンを用いた検査を実施しています。

呼吸器内科へ

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

5 大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発のUICC 病期分類別、および再発に分けて集計しています。

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 95 15 21 23 9 23 UICC 7
大腸癌 45 32 52 132 28 178 UICC 7
乳癌 23 35 9 6 4 6 UICC 7
肺癌 31 11 23 31 15 66 UICC 7
肝癌 9 21 12 4 3 35 UICC 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌

早期であるStageⅠの症例を多く診ています。StageⅠでは内視鏡的手術、腹腔鏡手術などの負担が少ない治療を多く取り入れています。StageⅣや再発の症例が多いのは、化学療法などで繰り返し入院される症例を重複して集計している影響です。StageⅣや再発に対しては化学療法などが主な治療となっています。
主な診療科は、消化器内科・外科です。

大腸癌

大腸癌もStageⅠでは内視鏡的手術、腹腔鏡手術などの負担が少ない治療を多く取り入れています。StageⅢ・StageⅣ・再発の症例が多いのは化学療法で繰り返し入院されている症例を重複して集計している影響です。Stage不明は検査入院で、結果確定前に退院されたものです。主な診療科は、消化器内科・外科です。

乳癌

StageⅠの症例が多く、入院での主な治療は手術・化学療法です。外科手術では乳房を全切除するものと、部分的な切除によって乳房の形を極端に損なわないようにする乳房温存手術があります。しこりの大きさや癌が広がっている範囲等により患者さんに説明をしながら適切に術式を選択しています。再発に対しては、化学療法が主な治療です。主な診療科は外科(乳腺外科)です。

肺癌

StageⅠ〜ⅢAでの主な治療は、手術療法です。肺癌の進行度と患者さんの年齢、併存症、体力を考えて手術を行います。化学療法を行う場合もあります。StageⅢB・StageⅣ・再発では化学療法を中心に治療を行っています。主な診療科は、呼吸器内科・呼吸器外科です。

肝癌

StageⅡの症例が多く、治療は肝動脈塞栓療法やラジオ波焼灼療法等を行っています。外科的治療は侵襲の少ない腹腔鏡下手術を多く取り入れています。主な診療科は、消化器内科・外科です。

外科へ

消化器内科へ

呼吸器外科へ

呼吸器内科へ

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 11.7 59.3
中等症 110 17.5 79.9
重症 27 19.2 83.3
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎の事をいいます。
重症度は「尿素窒素(BUN)」「動脈血酸素飽和度(SPO2)」「血圧」の結果、及び「意識障害」「免疫不全状態」「肺炎重症度規定因子」を基準に沿って評価し、その結果を合算したものになりますので、評価数値が高ければ重症となります。
当院の症例数では中等症の割合が最も多く、全体の約7割を占めています。

脳梗塞のICD10別患者数等

脳梗塞等の分類にあたる患者さんを ICD-10 コード別に集計しています。
ICD-10コードとは、国際疾病分類に基づいて様々な傷病名が分類され、コード化されたものです。

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 388 16.2 74.3 40.7%
その他 50 12.6 71.9 32.0%
3日以内に発症した症例が最も多く、北九州市機能別救急医療体制における脳神経外科応需施設として超急性期の先進的治療を提供する当院の特徴が出ています。
脳梗塞によって血管に詰まった血の塊(血栓)をrt-PAという薬を注射し溶かして血液が流れるようする血栓溶解療法の「rt-PAガイドライン」では、患者さんが病院に搬送されてから1時間以内のrt-PA投与が推奨されていますが、当院では搬送されてから30分以内の治療開始を目標に掲げた【脳卒中スクランブル体制】を整えています。
しかし、この血栓溶解療法には発症4.5時間以内に治療を開始しなくてはならないなどの制約があるため、条件に当てはまらず治療に使えなかったりする適応外の患者さんやrt-PAでは効果が見られなかった患者さんの命を救う次の手段として、脳血管内治療というカテーテルを用いた治療法があります。脳梗塞の血管内治療は、発症後24時間以内の患者さんが対象となります。カテーテルという細い管を足の血管から挿入して、頭の中の血管まで進め、血管を塞いでいる血栓にステント(網目の筒)をめり込ませ、網目に絡めつつ回収し、閉塞した脳血管を再開通させる治療法です。 脳梗塞超急性期の脳血管内治療は、手技的複雑さや脳の脆弱さのために、冠動脈疾患における血管内治療と比べて開発が遅れていましたが、近年になり専門の脳動脈血栓回収機器が開発され、治療効果が向上し有効性が証明されました。

脳神経外科へ

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

Kコードとは手術術式のコードのことです。
以下には診療科ごとに患者数上位5つを掲載しています。

ファイルをダウンロード

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 969 1.4 3.1 1.0% 65.7
K5493 PCI(ステント)その他 876 2.2 3.1 2.5% 72.1
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 518 1.7 6.9 11.4% 74.8
K5463 PCI(バルーン)その他 271 1.8 2.5 1.1% 70.4
K5952 経皮カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) 204 0.9 2.5 1.0% 59.0
「3S(Simple・Speedy・Safety)PCI」をモットーに治療を行っています。冠動脈の内側から動脈硬化を診ることができる血管内超音波(IVUS)や光干渉断層法(OCT)といった冠動脈イメージングデバイス、心筋虚血の診断として冠血流予備量比(FFR)や心筋シンチグラフィーといった診断検査を積極的に用い、1人1人の患者さんに最適な冠動脈治療を行っています。H27年10月には発作性心房細動の治療法の一つとして、冷凍アブレーションカテーテル治療を導入しました。従来の高周波アブレーションでは、スポット状の小さな絶縁部を何度も繋ぎ合わせて、肺静脈隔離を目指します。一方、バルーンカテーテルを用いた冷凍アブレーションでは、バルーンで肺静脈を閉塞して数回冷却するだけで、肺静脈の周りに連続的な絶縁部を一括で作製できます。下肢における末梢動脈疾患も国内有数の治療実績となっています。腎臓の機能が悪い患者さんには造影剤を使用せずに炭酸ガスで治療することが可能です。造影剤を使用しないことで腎臓への負担を軽くできます。心臓の構造的疾患(大動脈弁狭窄症、僧帽弁逆流症、僧帽弁狭窄症、心房中隔欠損症、動脈管開存症、肺動脈弁狭窄症など)に対して、カテーテル治療を行うことができるようになってきました。当院にはハートチームがあり、心臓外科手術の専門家、カテーテル治療の専門家、エコーの専門家で個々の患者さんの治療方針を決定し、その患者さんにもっとも適切な治療をチームで決定していく方針をとっています。2018年4月には、僧帽弁逆流症に対してMitra Clipシステムを用いた経皮的僧帽弁クリップ術を導入し、外科手術を受けるにはリスクの高い患者さんに対しても治療の選択肢を増やすことができるようになりました。

循環器内科へ

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈,大動脈バイパス移植術(人工心肺なし2吻合以上) 101 3.2 17.9 17.8% 70.0
K5551 弁置換術(1弁のもの) 100 3.9 18.9 20.0% 71.3
K5612イ 胸部大動脈瘤ステントグラフト内挿術 70 2.2 12.9 24.3% 76.8
K560-21 オープン型ステントグラフト内挿術(弓部) 64 2.3 24.5 28.1% 68.6
K5602 大動脈瘤切除術(弓部大動脈) 62 3.6 27.6 29.0% 71.8
虚血性心疾患に対し、現在でも多くの施設では人工心肺装置という大きな機械を心臓に装着してこの手術を行っていますが、機械による非生理的な血流であるため、脳血管の狭窄が強い患者さんや、腎機能障害や呼吸器障害を有する重症の患者さんは合併病変が悪化することが危惧されていました。この問題を解決すべく、当院では2000年から人工心肺装置を用いずに、スタビライザーという器具を、冠動脈の走行する心臓表面に固定して拍動を抑えて血管縫合する<心拍動下冠動脈バイパス術>を導入しました。単独冠動脈バイパス手術の95%以上で行っております。以前では手術適応にならなかった高度の脳血管障害を有する患者さんや、ご高齢の患者さんにも低侵襲で手術が行えるようになり、7日から10日での早期退院も可能となりました。弁膜症に対しては、人工弁を使用せずに、できるだけ患者さん本人の弁を温存修復する弁形成術を積極的に施行しています。人工弁に伴う合併症などのリスクが軽減され、自己弁を温存するため、劣化の問題もわずかです。心房細動がなければワーファリンは不要で、患者さんのQOL(生活の質)の向上にもつながっています。また、弁膜症は心房細動という不整脈を伴うことが多いのですが、心房細動は脳梗塞の原因となるため、当院では心房細動に対する手術を弁膜症手術と同時に行っています。また、2013年10月から、様々な理由で手術ができないか、非常に危険と判断された重度大動脈弁狭窄症の患者さんに対して、経カテーテル大動脈弁留置「TAVI」という新しい治療が保険適応になりました。「TAVI」とは、狭くなった大動脈弁をバルーンで押し広げて、カテーテルという管を用いて折り畳んだ専用の生体弁を留置する治療法です。体の負担が比較的少ない治療ですが、まれに重篤な合併症が起こる危険性もあり、循環器内科医、心臓血管外科医、麻酔科医、看護師、臨床工学士、放射線技師、臨床検査技師など多職種が一つのチームとなって治療にあたっています。胸部大動脈瘤に対する手術は、従来は大きく開胸して、人工心肺装置を装着し、動脈瘤を切除して人工血管を置換します。呼吸機能障害がある患者さんや、以前に開胸手術を受けたことのある患者さんには負担が大きい手術でした。ステントグラフト治療とは、特殊な金属ステントの人工血管を折り畳んでシースと呼ばれる管に充填し、このシースを瘤のある胸部大動脈まで誘導して折り畳んだ人工血管をシースから大動脈内に押し出して瘤への血流を遮断する治療です。この治療により、患者さんの負担はかなり軽減され、早期退院・早期社会復帰が可能となりました。また、患者負担を軽減した循環停止法を行っています。頭部に血液を送る血管が枝分かれする弓部大動脈の動脈瘤手術は、未だリスクが高いとされています。一般的には全身の血液の流れを一時的に止める循環停止法で手術を施行します。その際、体温を20℃に下げて行う施設が多いのですが、当院では25℃~28℃にとどめることで、患者さんの身体の負担が軽減され、高齢の患者さんの手術も比較的安全に行えるようになりました。

心臓血管外科へ

血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612ロ 腹部大動脈ステントグラフト内挿術 62 2.5 10.6 9.7% 75.4
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 45 1.3 1.2 0.0% 67.2
K616 下肢血管拡張術・血栓除去術 30 8.0 27.5 33.3% 77.3
K0841 四肢切断術(大腿) 17 12.9 29.6 52.9% 81.0
K617-2 大伏在静脈抜去術 16 1.1 1.1 0.0% 65.7
下肢静脈瘤に対してストリッピング手術・血管内レーザー焼灼術を行っています。ストリッピング手術とは、静脈瘤の原因となっている伏在静脈を切除する方法です。下半身麻酔で1cm程度の傷が3-5箇所程度つきます。熟練したスタッフが行っていますので手術にかかる時間は片足30分程度です。入院期間は2‐3日程度です。血管内レーザー焼灼術は静脈瘤の原因となっている伏在静脈を切除する代わりに、レーザーで血管内を焼いて詰まらせる方法です。局所麻酔で行い、日帰り手術が可能です。腹部大動脈瘤に対してはステントグラフト内挿術・開腹人工血管置換術を行っています。ステントグラフト内挿術とは、こぶになって弱くなった大動脈部分の中にパイプ状の人工血管を差し込んで固定し、弱くなった大動脈壁に直接血圧がかからないようにする方法です。開腹しないため、体にかかる負担が小さいのが利点です。一方で動脈瘤の形状によっては人工血管(ステントグラフト)がフィットしない場合があり、全ての症例には対応できないこと、追加治療が必要になる場合があることが欠点です。開腹人工血管置換術は、こぶになってしまった大動脈を、合成繊維でできた人工血管にとりかえる手術です。開腹手術を行いますので体にかかる負担は大きいのですが、追加治療がほとんど必要ない着実な手術法です。下肢閉塞性動脈硬化症への外科的血行再建には動脈バイパス手術や血栓内膜摘除が含まれます。血管内治療はバルーン血管拡張術やステント留置術があり、循環器内科で行っています。患者さんの重症度や病態に応じて、循環器内科と協議して最適な治療法を選択しています。

血管外科へ

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 78 0.2 5.7 21.8% 78.2
K1783 脳血管内手術 脳血管内ステントを用いるもの 76 1.5 7.4 2.6% 61.5
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 61 1.4 5.3 1.6% 73.5
K1781 脳血管内手術(1箇所) 57 1.9 10.4 21.1% 64.9
K178-4 経皮的脳血栓回収術 44 0.9 19.1 63.6% 76.6
25mmを超すような巨大脳動脈瘤や部分血栓化脳動脈瘤は現在でも治療が困難とされています。我々は各種テクニックの集約によりこれらの難治性脳動脈瘤にも積極的な治療を行い、良好な成績を報告しています。脳動脈瘤治療の領域では新型コイル、動脈瘤アシストステント、PIPELINE、慢性脳虚血治療の領域では頚動脈ステント、頭蓋内動脈専用ステント、急性期脳虚血の領域では新しい血栓回収器具など、さまざまな分野で日々新しいデバイスが登場しています。本邦にて承認された新規デバイスはいち早く当院に導入・評価しています。当院を含む全国の大規模施設・関連大学との共同研究なども行っています。

脳神経外科

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 126 1.5 4.7 3.2% 67.0
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 52 1.4 3.4 0.0% 72.7
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 51 4.2 13.7 11.8% 73.1
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 29 3.3 14.3 17.2% 72.9
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術 低位前方切除術 21 2.8 20.3 9.5% 72.0
胆嚢炎や胆石症などの胆嚢疾患に対して、胆嚢摘出術を行っています。現在では腹腔鏡下胆嚢摘出術が第一選択となり、傷が小さく早期社会復帰が可能です。一方で、胆嚢周囲の炎症が強く、組織の剥離が困難な場合や胆嚢癌を合併している可能性が高い場合には、従来通り開腹下に行うことになります。手術以外の方法として、経口胆石溶解剤や体外衝撃波結石破砕療法(ESWL)などの治療法がありますが、手術に比べ治療期間が長く、治療効果が低いため専門医とよく相談して治療方法を選ぶことが大切です。大腸がんや炎症性腸疾患などに対する結腸切除術も腹腔鏡手術を用いて低侵襲で生活予後も考慮した外科治療を推進しています。ヘルニアへの治療に関しては、鼠径ヘルニア根治術、腹腔鏡下ヘルニア手術を行っています。

外科へ

呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 35 1.3 8.7 0.0% 69.3
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) - - - - -
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) - - - - -
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの - - - - -
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 - - - - -
外科的治療法としては胸腔鏡下(VATS:Video-assisted thoracic surgery)肺葉切除術を主に行っており、当科の胸腔鏡手術はポート孔からのみ行う完全胸腔鏡手術です。また、肺がんの進行度と患者さんの年齢、併存症、体力等を考慮して、部分切除や区域切除等の縮小手術から、周囲組織・臓器の合併切除を行う拡大手術まで患者さんの最善最良となる手術を幅広く行っています。治療の安全性と根治性と低侵襲性を日々追及しています。

呼吸器外科へ

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2㎝未満 120 1.1 2.8 1.7% 72.9
K654 内視鏡的消化管止血術 107 0.7 8.6 8.4% 74.3
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 77 1.6 7.2 1.3% 74.8
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 68 1.7 8.0 5.9% 74.8
K722 下部消化管止血術 58 1.4 7.4 10.3% 75.2
内視鏡的乳頭切開術の「乳頭」とは、大十二指腸乳頭のことで、十二指腸の中間あたりの粘膜部分に突起状に存在しています。この部分は肝臓や膵臓から分泌される胆汁や膵液の出口になっています。大十二指腸乳頭の開口部は、胆管に比べ非常に狭いため、口から十二指腸まで内視鏡を入れ、電気メスにより大十二指腸乳頭の乳頭括約筋(乳頭を緩めたり、閉めたりする筋肉)を切開します。この手術を、内視鏡的乳頭切開術(EST)と言います。いずれの手術も内視鏡を使用して行うものですが、当科では治療内視鏡を積極的に行っており、その中でも生命予後に重大な影響がある消化管出血に対する内視鏡的止血術や、早期胃がんや早期食道がん早期大腸がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術や内視鏡的粘膜切除術、総胆管結石に対する内視鏡治療、閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆道ステント留置などを積極的に施行しています。

消化器内科へ

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 143 6.3 12.8 19.6% 73.1
K635-3 テンコフカテーテル留置術 91 5.7 14.5 6.6% 67.6
K6147 人工血管移植術 28 3.2 16.4 35.7% 75.4
K616-4 経皮的シャント拡張術 10 6.1 10.8 40.0% 72.7
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈) - - - - -
腎臓内科での手術の多くは透析を行うためのものですが、当科では透析が必要となった際に腹膜透析PDからの開始を勧める「PDファースト」ポリシーを掲げています。2008年よりこの方針を取り、透析導入患者の40-50%は腹膜透析PDを選択され、外来腹膜透析PDを行っています。

腎臓内科へ

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 115 1.5 6.2 0.9% 73.7
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 36 2.3 4.6 0.0% 62.8
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 30 1.4 5.4 0.0% 72.0
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 29 2.5 11.7 0.0% 65.1
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 25 2.5 9.0 20.0% 72.8
膀胱がんへの経尿道的膀胱腫瘍切除術は、内視鏡と切除ループを用いて膀胱腫瘍を切除する手術で、尿道から内視鏡を挿入するため、おなかを切ることなく手術が可能です。

泌尿器科へ

耳鼻咽喉科・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 33 1.0 6.0 0.0% 35.4
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 22 1.0 1.8 0.0% 66.8
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 20 1.1 7.8 0.0% 59.8
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 17 1.2 5.1 0.0% 47.2
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)手術) 11 0.9 5.0 0.0% 57.0
耳鼻咽喉科は、耳、鼻、咽喉頭と多数の領域があり、当院では更に頭頸部外科を標榜し、良性、悪性を含めた腫瘍性疾患にも対応できる診療体制を整えています。頭頸部腫瘍に対しては、良性疾患は縮小手術、悪性腫瘍に対しては手術、放射線、抗がん剤、分子標的薬を組み合わせた治療を行います。手術においては十分に病変を切除しつつ、残せる機能は極力温存します。大きな欠損には形成外科と合同で遊離皮弁による再建を行います。耳炎性疾患は主に中耳真珠腫と慢性中耳炎の手術的治療を行っています。聴力の温存回復は勿論のこと、過去の手術例に対しても修正手術を行っております。十分な説明と同意を持って手術は行います。鼻副鼻腔炎症性疾患は、副鼻腔炎(蓄膿症)に対する治療を中心に行っています。手術は、特殊な場合を除いて、主に内視鏡下に行います。ナビゲーションシステムやデブリッダーと呼ばれる鼻内手術用に開発された器機を駆使し、低侵襲と高い根治性の両立を目指して治療を行っています。口腔咽頭疾患は習慣性扁桃炎や、IgA腎症・掌蹠膿胞症・胸肋鎖骨過形成などの扁桃病巣感染症に対する口蓋扁桃摘出術を行っています。手術は全身麻酔で、約1週間の入院が必要です。咽喉疾患については、主に声帯ポリープに対する咽喉微細手術、声帯麻痺に対する咽喉形成術などの手術的治療を行っています。早期咽喉がんに対し、可能な限り音声機能を温存する低侵襲手術も積極的に行っています。入院期間が短期で済むように心がけています。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科へ

婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 30 1.0 6.8 0.0% 48.9
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 19 1.2 3.9 0.0% 43.8
K879 子宮悪性腫瘍手術 10 1.4 8.7 0.0% 69.7
K867 子宮頸部(腟部)切除術 10 1.0 2.2 0.0% 39.1
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 10 0.8 1.3 0.0% 46.7
子宮頸部異型成の患者さんに対して、子宮頸部円錐切除術を行っています。子宮頸部円錐切除術は、子宮頸部の一部を切除するだけで、子宮の本体は温存されるので、術後の妊娠や分娩も可能ですが、子宮頸部が若干短縮するので、流産・早産をおこしやすくなることがあり、妊娠中の注意が必要です。また、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんに対して、手術、化学療法、放射線療法を組み合わせて個々の患者さんに応じた最適な治療を選択します。
子宮筋腫・子宮線筋症には、偽閉経療法といって薬物を使って半年間ほど月経を止め、子宮筋腫を小さくする治療も行われています。治療中は月経時の症状で苦しむこともなく、筋腫も小さくなり、有効な方法ですが、長期間の外来通院、骨粗鬆症、更年期障害のような副作用、さらには薬剤を中止し、卵巣機能が再開すると、筋腫がまた大きくなってしまうという問題点もあります。したがって閉経間近な人や手術前の人(大きな筋腫を小さくし安全に手術する)には有効な方法と考えられます。
手術療法としては、子宮を摘出する子宮全摘手術と筋腫だけを取り除く筋腫核出術とがあります。筋腫核出術は、普通は手術後に妊娠を希望する場合に行われます。しかし、筋腫核出術を行っても、きわめて小さい筋腫まで全て取り除く事はできないため、数年後に筋腫がまた症状をあらわすことがあります。子宮全摘術の場合には、普通、子宮だけを摘出し、少なくとも片方の卵巣は残してホルモンバランスが崩れないようにしますので、更年期障害は発生しません。

婦人科へ

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 396 1.0 4.0 0.5% 74.7
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 230 1.4 8.6 1.3% 67.0
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 42 1.2 6.9 0.0% 75.8
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 37 2.6 7.2 10.8% 76.9
K279 硝子体切除術 20 2.1 5.2 0.0% 74.7
白内障手術が当科で最も多い手術となっています。より高度な手術の中では、硝子体茎顕微鏡下離断術が最も多いです。網膜剥離や糖尿病網膜症、黄斑上膜や黄斑円孔などの網膜硝子体疾患に対する手術となっています。硝子体手術機器であるアルコン社コンスラレーションを始め、高度な医療器具が充実しています。また、緑内障の手術件数も多く、各種の緑内障手術に対応しています。白内障では、小切開超音波乳化吸引術を行います。アクリル眼内レンズを専用のインジェクターを用いて挿入することで低侵襲の2.4mm小切開で施行しています。全症例において、粘弾性物質ビスコートによるソフトシェル法を使用し、手術中の角膜内皮障害を最小限に抑えられるよう目に優しい手術を心がけています。トーリック眼内レンズやLRIといった乱視矯正にも対応すべく、トプコン社ウェーブフロントアナライザーを導入して角膜乱視の矯正精度を高めています。ご希望の方には、多焦点眼内レンズも取り扱っています。入院手術、日帰り通院手術のどちらにも対応しています。

眼科へ

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 23 5.7 25.6 82.6% 82.0
K0811 人工骨頭挿入術(股) 17 6.4 21.4 94.1% 81.3
K0462 骨折観血的手術(前腕) 11 1.7 12.5 18.2% 64.4
K0821 人工関節置換術(股、膝) 10 2.7 19.7 100.0% 80.6
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手、足) - - - - -
平均年齢からもわかるように高齢者に多い骨折(大腿・上腕部骨折)がもっとも多い手術数となっています。手術後の継続リハビリとして、リハビリテーション施設と病病連携していることで、転院率が非常に高い状況となっています。病病連携を通じ術後リハビリの役割分担を図りながら、ADLの復帰を目指しています。

整形外科へ

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.02%
異なる 24 0.13%
180010 敗血症 同一 29 0.16%
異なる 31 0.17%
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.01%
異なる 1 0.01%
180040 手術・処置等の合併症 同一 175 0.94%
異なる 10 0.05%
当院では透析シャント閉塞・CAPD腹膜炎・ペースメーカ植え込み後感染症が多くなっています。
当院での透析シャント閉塞は、年間150例超の患者を維持透析に導入し、血液透析患者はほぼ100%周辺施設に紹介しています。その医療圏は北九州市小倉北区・小倉南区・門司区・戸畑区及び京筑地区と広範囲で、これらの地区での透析患者のシャントトラブルに24時間対応しています。シャントトラブルとしてはPTAで治療可能な症例は外来で対応しますが、シャント閉塞特に人工血管の閉塞は迅速な対応が急務で血栓除去や再手術など入院加療が必要となる場合が多いです。これらに対応するため、透析シャント閉塞による入院例が他施設と比較して多くなっています。
CAPD腹膜炎は、PD施行患者に高頻度に認める合併症です。その発生頻度は一般に1回/30-60 患者・月です。当院では230例超のPD患者を外来治療しているために必然的にCAPD腹膜炎による入院も増加してしまいます。年間57例の入院は1回/48 患者に相当し、全国的にも妥当な発生頻度と考えています。
ペースメーカ植え込み後感染症について、当院では他施設でペースメーカを植え込んだ患者さんに対してもペースメーカリード抜去を多数行っています。日本にペースメーカ治療が導入され40年以上経過しペースメーカを使用している患者さんがすでに20万人を超えています。そのような患者さんの中で、ペースメーカ植え込み後感染症のために古くなったリードを抜去しなければならない症例が増加しています。当院ではこのような患者さんのために、リードが安全かつ確実に抜去可能なエキシマレ ーザーシステムを日本の中で最も早い2007年より導入し治療にあたっています。この治療は高度の専門知識と技術が必要なことから実施施設が限定されており、広範囲の医療圏より患者さんが集まるためにペースメーカ植え込み後感染症の件数が相対的に増える傾向にあります。
更新履歴
2019.9.27
平成30年度実績へDPCデータ更新
2018.9.26
平成29年度実績へDPCデータ更新
2018.4.26
平成29年度実績へ更新
2017.9.28
平成28年度実績へDPCデータ更新
2016.9.26
病院情報を公表
受付時間 (診察開始8:30~)
新患/8:10~11:00 再来/8:10~11:30
*詳しくは各診療科案内の外来医師担当表をご確認ください。
休診日
土・日曜日、祝日、年末年始

〒802-8555
福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目2-1

093-511-2000(代表)