一般健診

一般健診について

健康診断の役割の一つは、生活習慣病やその他の病気を早期に発見し、治療に結びつけることです。健康だと思っていても、知らない間に病気が進行していることもあります。大事に至らないうちに病気の芽を早くみつけて、適切な対策を講じることが大切です。もう一つの役割は、病気を予防し健康増進に役立てることにあります。健康診断で病気になりそうな傾向を早期に見いだし、病気にならないように生活習慣を修正するためのアドバイスも行っています。

検査項目と料金(税込)

全国健康保険協会管掌 生活習慣病予防健診
健診の種類 検査の内容 受診対象年齢 自己負担金(税込)
一般健診 身体計測、血圧測定、尿検査、便潜血反応 35歳〜74歳 7,038円
血液検査(脂質・肝機能・血糖など)、心電図
胸部レントゲン、胃部レントゲン、診察等
子宮頸がん検診 問診、細胞診 20歳〜38歳の今年度偶数年齢の女性 1,020円
一般健診に追加して受診する健診(必ず一般健診をセットで受診していただきます。単独受診はできません)
健診の種類 検査の内容 受診対象年齢 自己負担金(税込)
付加健診 尿沈渣顕微鏡検査、血液学的検査(血小板数・末梢血液像) 今年度
①40歳 ②50歳の方
4,714円
生化学的検査
(総蛋白・アルブミン・総ビリルビン・アミラーゼ LDH)
眼底検査、肺機能検査、腹部エコー検査
乳がん検診 問診、乳房エックス線検査 40歳〜74歳の今年度偶数年齢の女性 50歳以上  1,066円
40歳〜48歳 1,655円
子宮頸がん検診 問診、細胞診 36歳~74歳の今年度偶数年齢の女性
※20~34歳の方は、子宮頸がん検診の単独受診も可能。
1,020円
肝炎ウイルス検査 HCV抗体検査、HBs抗原検査 過去にC型肝炎ウイルス検査を受けたことがない方
※肝炎ウイルス検査は、受診者本人が直接健診機関にお申込みください。
612円

※年齢の対象基準は受診年度の満年齢となりますのでご注意下さい。

※一般検診は国からの補助金があるため7,038円とお安くなっています。(但し受診1ヶ月前迄に申請完了が必要です)

補助を受けて検診できる対象者は「全国健康保険協会管掌健保」の被保険者本人で、かつ35歳以上です。

◎契約企業検診 ◎特殊健康診断 ◎就学健康診断については、健康管理センターまでお問い合わせください。